小さいシャワーはどう使う?スリランカのトイレ事情

スリランカ情報

初めてスリランカのトイレに行った時、え!これどう使うの?と驚く方が多いことでしょう。私もそのひとりでした。今後スリランカに来る方が、安心してトイレに行けるよう、スリランカのトイレ事情と使い方についてお伝えできればと思います。

日本のトイレとスリランカのトイレの違い

まず、日本のトイレは最近は和式が減ってきた印象がありますよね。座るタイプのものと、男性用には立つタイプのものがあります。因みに小便器は、朝顔と言います。昔のトイレが朝顔の形に似ていたことからそう呼ばれるそうです。

スリランカのトイレは、実は和式が多いです。以前お寺のトイレを借りた時も、和式でした。最早、スリランカ式?と呼んでも良いのかもしれませんね。

また、日本と同じように座るタイプと立つタイプのものもあります。高級レストランやホテルなどでは、必ずこちらのタイプが採用されています。座るトイレの傍には、小さなシャワーが付いていることが大きな違いでしょう。

使い方

和式であれば使い方は分かると思うのですが、これまた一癖あるのがスリランカのトイレ。傍に蛇口があり、その下に置かれているのは小さなバケツ。最早水を流すレバーなどなく、自分で水を汲んで流すのです。

座るタイプのものであればレバーはありますが、トイレの紙が無く代わりに小さなシャワーが備え付けられていることが多いです。外国人旅行者の多いお店であれば、トイレットペーパーもあります。しかし公衆便所やローカルなお店のトイレには、まず紙は有りません。そして、この小さなシャワーがあるのです。

この小さなシャワーは、果たしてどう使うのか?

私も悩みました…。以前友人は、トイレの水圧が弱いため、流す補助に使うのだろう!と予測していました。しかし正解は、そのシャワーから出る水をダイレクトにお尻に当てて使うのです。まるでアナログなウォシュレットとでも言いましょうか。現地の方はそのままサロン(男性用腰巻)を巻き、颯爽と出てきます。濡れていても大丈夫、暑い国だからすぐ乾くのです。そして、紙を使うより環境には優しいといった利点があります。

トイレに持っていくべきもの

そういった経緯から、旅先にはトイレットペーパーやちり紙を持っていくことをお勧めします。何故なら紙が無いだけでなく、便座に水シャワーを撒かれて座れない状態になっていることも多いためです。いざ紙を忘れてしまったら、その時は現地の方法を是非お試しください。慣れると快感ですし、フィリピンなど他の国でも応用が利きます。また、公衆トイレであれば小銭を払うシステムなので常に10-20ルピーを携帯するようにしてください。

さて、スリランカのトイレは安心して行ける準備が整いましたでしょうか?旅先で慣れない食事にトイレがお友達になる可能性もありますので、いざという時に焦らないようにして旅を楽しみましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧