連続爆破事件の影響

注意事項

2019年4月21日からの連続爆破事件を受けての影響をお伝えしようと思います。

まず、私たちの住むアダムスピークは爆破等はありませんでした。
しかし、他の地域同様流言はありました。
内容はアダムスピークにも爆弾があるというようなものです。
それを受けて登山道に警察官が配置され爆弾の捜索もされたようですが、何も見つかりませんでした。

4月21日の14時頃からSNSが規制され、FacebookやInstagram、youtube、WhatsAppなどが利用出来なくなりました。
前述したような、根も葉もない噂が広がることを懸念してのことです。

18時から翌朝6時まで全土で外出禁止令が出されましたが、すぐに15時過ぎた辺りから前倒しに変更されました。
また、非常事態宣言も発令されました。
22日からは20時から翌朝4時、24日からは22時から翌朝4時…と少しずつ短くなっていきました。
26日に外務省は危険レベルを2に引き上げました。
レベル2は、「不要不急の渡航は止めてください」という状況です。
また、5月から予定されていた、入国時のビザが不要になるキャンペーンは延期になったそうです。
そして28日からは東部の3つの地域以外は、外出禁止令が解除されました。

こういった外出禁止令の影響により登山客が激減し、バスの本数が突如減らされました。
5月の満月(18日)からのオフシーズン並みの本数の少なさです。
また、登山される方は4時に出発するよう呼び掛けていましたが、現在は通常通りに戻りました。
今後バスの本数がどうなるかは読めません。
お越しの際はバスではなく、トゥクトゥクや車をチャーターしていただくことになると思います。

5月5日頃から登山道沿いの個人商店が続々と閉まってきました。
例年は5月の満月以降に閉まるのですが、今年は既に半分以上が店じまいのようです。

ピックアップ記事

関連記事一覧